1. Top » 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

W-ZERO3でARToolkit

携帯電話でARToolkit 【その1】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4273353

Advanced/W-ZERO3 [es]で、WindowsMobile用のARToolkitを動かしているそうです。
スポンサーサイト

ARで3Dのヘリコプターを飛ばす

ARToolKitでVF-25をフライトシム
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4894715


ARで3Dのヘリコプターやロボットなどを動かしています。

NIKKEI NET-IT PLUSにARが取り上げられていました。

NIKKEI NET-IT PLUS
仮想と現実を重ね合わせる「Augmented Reality」 2009キーワード
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMITi2000001012009
2009年の注目キーワードとしてARが取り上げられています。
ARについてよくまとめられています。

ARを実現する3つの要素技術

ARを実現する要素技術は、大きく3つに分けられる。現実空間の位置を特定するためのセンシング技術、仮想の情報を生成し実際の風景と合成する技術、重ね合わせた情報を表示するディスプレー技術だ。


ARを実現する3つの要素技術として以下が挙げられています。
 (1)現実空間の位置を特定するためのセンシング技術
 (2)仮想の情報を生成し実際の風景と合成する技術
 (3)重ね合わせた情報を表示するディスプレー技術

Google携帯電話向けのARアプリケーション開発に期待

当面の課題は、携帯電話のような処理能力の低い端末でも実装できる正確なセンシング技術を確立することだろう。09年の動きで注目されるのは日本でもグーグル「アンドロイド」搭載端末が発売になる見通しであることだ。アンドロイドはソースコードが公開されている携帯OSであり、アプリケーションを自由に開発しやすい。アンドロイド端末向けのARアプリケーション開発が進むことが期待されている。


Google発の携帯でARのアプリケーションが期待されています。非常に楽しみです。

ARでのシーン認識

拡張現実: FaLLen AR mode demo
http://jp.youtube.com/watch?v=HkNrBW-cSxw


拡張現実 FaLLen SREngine
http://jp.youtube.com/watch?v=LhujKGuhiK0


街を歩いているだけで、いろんなAPIから自動的に情報を収集して提示してくれたりとかおもしろそうです。カーナビ的な使い方や新しい広告としても魅力的だと思います。

ARで透明人間?

ミクがステルス迷彩を手に入れたようです(その2)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2409202


攻殻機動隊」の光学迷彩のように透明になっています。

Page Top

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QRコード
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。